金属加工の溶接にはどのような種類があるか?

金属加工には様々な種類があります。中には非常に細かい技術が使われているものもあるのですが、今回はそんな中でも世の中で良く使用されていると考えられる溶接について、簡単にご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

まずは、レーザー溶接です。レーザー光線を利用して、また金属同士を接合する働きもあります。それから業界では有名なアーク溶接です。

アーク溶接は、溶融電極式と非溶融電極式に分かれます。簡単に申し上げますと、前者では良く工場などでみられる火花が飛び散るような溶接を行い、後者では電極棒を用いた上で溶加材を加えて行います。

また、抵抗溶接というものがあり、こちらは圧接による方法で、コストを大幅に抑え、大量生産をすることに長けています。

そして、伝統的な溶接方法であるろう付けがあります。例としては、奈良の大仏などに使用されました。

 

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

レーザー加工機の種類をご紹介します

レーザー加工機は対象となる性質に応じて使用する種類を使い分けることがあります。

それでは今回は、具体的にどのようなレーザー加工機が存在し、どのような特徴を持っているかについて少しお話をさせて頂きたいと思います。

 

まずは、新しいタイプの「ファイバーレーザー」です。お値段は少々高いですが、エネルギー変換効率が高く、これまでのレーザー加工機が苦手としていた難溶接材の加工にも対応しています。

続いて、「CO2レーザー」があります。こちらは、最も業界でよく使用されるレーザー加工機で、CO2を利用して、木材や金属などほとんどの素材に対して使用することができるといわれています。

この他に、「YAGレーザー」という主に医療業界向けに使用されるレーザー加工機があります。こちらは、正確かつ素早く、溶接とマーキングを行うことに長けています。

 

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せください!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

受注から出荷までのワンストップが可能です!「株式会社 三波メタルワークス」

「株式会社 三波メタルワークス」は
金属加工の高い技術をもって
ご依頼には1から10まですべて自分たちで対応いたします。

付加価値の高い製品は、部品のひとつからでもお客様に届けることが
貢献できる私たちのバリューだと考えています。

同じ機械で、同じ刃物や油を使っていても
他と同じものは出来上がりません。
それはなぜなのかといいますと、「作り手」に他なりません。
難しい仕事にチャレンジするかどうかも、問われます。

また、寸法などの適正な管理ができるかどうか。
短い納期にも間に合うように結果を出すことができるか。
こうしたことも、非常に大切に考えながら取り組んでいます。

今までやっていたことを、やり続けるだけでは成長が止まってしまいます。
私たちは、常に新しいことにチャレンジする必要性を感じ
ご依頼いただく案件に対して、ご満足いただける結果を模索し
今までご提供してきました。

お喜びの声を、自信に変えて
これからも成長し続けられるように努めてまいります。

金属加工に関することなら、どんなことでもお任せください!

・製缶板金
・レーザー加工
・機械加工
・表面処理

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせはこちらから




詳細はこちら

溶接工の第一歩となる資格~アーク溶接作業者とは~

溶接工といってもキャリアの築き方は千差万別です。
溶接に関係する資格というのも、次のようにいくつかあります。

・アーク溶接作業者
・ガス溶接技能者
・ガス溶接作業主任者
・溶接管理技術者
・溶接作業指導者
・アルミニウム溶接技能者
・ボイラー溶接士
・PC工法溶接技能者

作業員の業務安全を確保するために、取得することが義務付けられた資格があります。
「アーク溶接作業者」の資格がそれにあたり
溶接工としての第一歩となる資格といえます。

「溶接」「用談」といった作業は、いたる工場でおこなわれていますが
こうした作業がスムーズかつ、安全に遂行されるためには
溶接機の点検・整備・確認が必要で、こうした専門的な知識が非常に重要となります。
そのベースとなるのが、この資格です。

感電災害、爆発、火災などの重大なトラブルを
未然に防ぐための措置として

「アーク溶接機を用いて行う金属の溶接、溶断などの危険、または有害な業務に
労働者を就かせるときは、当該業務に関する特別の教育をおこなわなければならない」

このように、労働安全衛生法の第59条と、労働安全衛生規則の第36条にて
法的な定めがあります。

「株式会社 三波メタルワークス」は
群馬県伊勢崎市にて、金属加工の技術で社会に貢献しております。


ご依頼やご相談はお気軽にこちらからどうぞ!

詳細はこちら

レーザー加工の有用性

金属を加工するときの手段として
用いられるひとつに「レーザー」があります。
汎用性が高く、工業分野をはじめ、医療でも一部取り入れられている技術です。

レーザー加工とは、言葉そのままにレーザー光線を用いて
金属や木材、樹脂などの材料を、切断したり穴をあけたりして加工します。

この技術の特徴は、肉眼で識別できないほどの
微細な切断や、穴あけなどの難しい加工も
容易にできるようになることです。

そして、これまで手作業で行ってきた製作よりも
迅速に大量加工が可能となります。

さらに、木材や金属だけでなく
本来であれば加工しにくいゴム素材や、布地にも
文字や記号を記す「表面処理」がしやすくなります。

このように、幅広いメリットのある方法として、普及している技術です。

「株式会社 三波メタルワークス」では
金属加工に関することなら、どんなことにもチャレンジし
ご満足いただける製品作りに取り組んでおります。

あらゆる技術が日々進歩する今日、弊社においても技術の向上と高い品質を目指し
社員ひとりひとりが、よりよい製品づくりに専念しています。

多くのお客様のお役に立てる製品作りに
これからも努力してまいります。

お問い合わせはこちらよりお待ちしております!





詳細はこちら