レーザー加工の原理とは?

レーザー加工は、金属や木材だけでなく加工しづらいゴム素材などにも使われています。今回はレーザー加工がどのような原理で行われているのか、簡単に紹介していきたいと思います。

 

「レーザー」という言葉を聞くと、皆さんはどのような印象を持つでしょうか?レーザーは非常に高い熱を使用しているため、金属用レーザーに触れてしまうと大変なことになるのは容易に想像できると思います。

 

レーザー加工に原理は波と波動の振動によって成り立っています。レーザーの光は1点集中しており、光の波が揃うようになっています。そのために、密度の高い光が出来上がり、威力が格段に高くなります。

金属や木材などにレーザーの光を当てることにより、材料の原子や分子が振動し、急激な発熱が起こります。その熱により金属や木材を溶かし、掘り進めていくことで加工するのが金属加工です。

 

当社の強みは、金属加工に関して幅広い実績と経験を持っていることです。他社では難しい加工であっても当社でなら対応できる可能性があります。金属加工に関してお困りの際は、ぜひ当社へご相談くださいね!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

レーザー加工とは?

レーザー加工とは、金属を加工するための一つの方法です。現在では工業分野だけでなく、医療分野でも取り入れられている方法で、私たちの生活に必要なアイテムを製造するために欠かせない加工方法となっています。今回は、レーザー加工とはどのような加工方法なのか、簡単に紹介していきたいと思います。

 

レーザー加工とは、レーザー光線を使用して、金属や木材などを切断したり穴あけしたりする加工方法で、金属加工の一種です。レーザー加工が登場したことにより、素早く正確に金属や木材を加工することができるようになりました。現在では金属や木材だけでなく、柔らかく加工しにくいゴム素材や布地もレーザー加工で加工できるようになり、レーザー加工は広く活用される加工方法になりました。

 

株式会社三波メタルワークスでは、金属加工に関することでしたらどんなことでも対応可能です。工程ごとに異なる工場を手配する煩わしさを解消する「ワンストップサービス」を行なっており、短い期間でたくさんの金属を安定して加工することができます。まずはお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

レーザー加工・製缶・精密板金は、群馬県の三波メタルワークスへ

群馬県伊勢崎市でレーザー加工、製缶・精密板金を行う三波メタルワークスは6kwのレーザー加工機を所有。
レーザー加工・各種溶接の他、機械加工や表面処理も受注可能です。
受注から納品までワンストップサービスを行っております。

詳細はこちら