レーザー加工の原理とは?

レーザー加工は、金属や木材だけでなく加工しづらいゴム素材などにも使われています。今回はレーザー加工がどのような原理で行われているのか、簡単に紹介していきたいと思います。

 

「レーザー」という言葉を聞くと、皆さんはどのような印象を持つでしょうか?レーザーは非常に高い熱を使用しているため、金属用レーザーに触れてしまうと大変なことになるのは容易に想像できると思います。

 

レーザー加工に原理は波と波動の振動によって成り立っています。レーザーの光は1点集中しており、光の波が揃うようになっています。そのために、密度の高い光が出来上がり、威力が格段に高くなります。

金属や木材などにレーザーの光を当てることにより、材料の原子や分子が振動し、急激な発熱が起こります。その熱により金属や木材を溶かし、掘り進めていくことで加工するのが金属加工です。

 

当社の強みは、金属加工に関して幅広い実績と経験を持っていることです。他社では難しい加工であっても当社でなら対応できる可能性があります。金属加工に関してお困りの際は、ぜひ当社へご相談くださいね!

お問い合わせはこちらから