製缶加工の流れ

弊社では製缶加工に関する業務を行っております。本記事をご覧の皆さんの中には、これからどこか専門の業者に製缶加工をお願いしたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、製缶加工というものは複雑な業務ですので、どのような流れで行われているのかわかりにくいということもあるでしょう。

製缶加工の手順としては、まずは図面を作成することから始まります。また、図面をもとに材料を切断していって、金属板をレーザーカットしていきます。ここから製品に対して穴あけをしていき、いわゆる曲げ加工と呼ばれる作業を行います。続いて、アーク溶接やアルゴン溶接などで溶接をしていきます。そして、表面処理として耐熱性・耐食性・導電性などを施していきます。最後に製品が仕様通りに作られているのかをしっかりと検査をしていき、問題なければ納品となります。

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

アーク溶接の注意

弊社では溶接に関する業務を行っております。溶接の種類には色々とありますが、その中にもアーク溶接というものがあります。アーク溶接というのは、非常に効果的な溶接の一つですが、そんなアーク溶接を行う際にはいくつかの注意点もありますので、今回はどのようなことに気を付ければよいのか少しお話をさせて頂きたいと思います。

まず第一に、溶接方法にあった溶接機を正しく使用するということが大切です。アーク溶接の中でもいくつかの分類がありますので、それに適したやり方を重視してください。また、アーク溶接は少なからず危険を伴いますので、必ず遮光マスクをつけるようにしてください。溶接中は目をしっかりと保護するようにしましょう。そして、アーク溶接には溶加材を使用することがありますが、現場を離れることがないように、予め十分な量を用意しておきましょう。

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

溶接業者の選び方

株式会社三波メタルワークスでは、溶接に関する業務を行っております。皆さんの中には、これからどこか専門の業者に溶接をお願いされたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、溶接業者は複数ありますので、どのように溶接業者を選んでいけばよいのかについてはよく分からないこともあるでしょう。

まず第一に、安心して任せられるような十分な実績があるかどうかを確認してみてください。溶接といってもさまざまな種類がありますので、その候補となる業者がどの分野の溶接を得意としているのかもチェックしてみると参考になるでしょう。もしもお急ぎであれば短納期でも対応してくださるかどうかご確認いただくとよろしいかと思います。もちろん費用がかかることもありますので、低コストでも対応してくださるかどうかも見積書で相見積もりをしてみると判断することができます。

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

精密鈑金と板金どう違うの?

私たち株式会社三波メタルワークスは群馬県伊勢崎市で溶接に関する様々な業務を取り扱っている企業です。
当社が取り扱っている業務の中に「精密板金」というものがあります。
「精密板金」あるいは「板金」という言葉を耳にしたことがある方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。
今回は精密板金について板金との違いも含めてご紹介していきたいと思います。

そもそも「板金」とは一体なんなのでしょうか。
板金とは読んで字のごとく、板状に加工されている金属のことを言います。
しかし、今回取り扱っている板金とはこの金属を指すのではなく、「板金加工」のことをいいます。
板金加工とは二重になっている金属を折り曲げたり、決断したり、溶接することで製品へと加工することを言います。
生活の中で身近な場面で言うと車のへこみを直す加工などが代表的でしょう。

当社が取り扱っている精密板金とはこの板金加工のうちの1つで、こちらも読んで字のごとく、精密さが要される板金加工のことを言います。

通常の板金加工はそこまで精密な加工が求められていませんが、精密板金の場合は傷つきやすく過去がしにくい素材を使うなど高い寸法精度が求められます。
この精密板金を行えるのは当社の高い技術力の賜物です。
ご興味のある方がいらっしゃいましたら是非お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

詳細はこちら

大きな魅力を持つ溶接

私たち株式会社三波メタルワークスは群馬県伊勢崎市で、金属加工に関わる業務を取り扱っています。
当社の創業は今から40年以上前の昭和50年。
そこから一貫して金属加工に取り組んでおり、確かな技術とお客様からの信頼をいただいております。

当社では金属加工に関してワンストップで様々なご相談を受けることができますが、中でも溶接に関して自信を持っています。
今回はそんな溶接について紹介をしていきたいと思います。

皆さんは「溶接」と聞いてどのようなものを思い浮かべるでしょうか。
強い光を浴びながら、溶接マスクをつけて金属加工を行っている姿を想像する人も多いと思います。
そんな溶接は 大きな魅力を持っているのです。

私たちの周りにある金属製品のほぼ全てに溶接技術が使われています。
具体的な例を挙げると自動車や電化製品などが挙げられるでしょう。
そんな身近な製品加工に携わるものづくりの面白さが溶接には詰まっていると言えます。

また溶接の魅力は 技能が向上すると目に見えて進歩が見える点です。
技術が進歩すれば自分にしか担えない仕事のも増えていくのが溶接の大きな魅力と言えるでしょう。

当社のスタッフはもちろん高い技術力で溶接を行っています。

ご興味がある方はぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

詳細はこちら