金属加工の溶接にはどのような種類があるか?

金属加工には様々な種類があります。中には非常に細かい技術が使われているものもあるのですが、今回はそんな中でも世の中で良く使用されていると考えられる溶接について、簡単にご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

まずは、レーザー溶接です。レーザー光線を利用して、また金属同士を接合する働きもあります。それから業界では有名なアーク溶接です。

アーク溶接は、溶融電極式と非溶融電極式に分かれます。簡単に申し上げますと、前者では良く工場などでみられる火花が飛び散るような溶接を行い、後者では電極棒を用いた上で溶加材を加えて行います。

また、抵抗溶接というものがあり、こちらは圧接による方法で、コストを大幅に抑え、大量生産をすることに長けています。

そして、伝統的な溶接方法であるろう付けがあります。例としては、奈良の大仏などに使用されました。

 

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから