精密板金加工はどのような流れで行われるのか?

弊社では精密板金加工を主要業務として多くのお客様よりご依頼を頂いております。この精密板金加工は完成までに多くのプロセスがありますので、今回は弊社の業務を少しでもご興味のある方に向けて、その流れについてご紹介をさせて頂きたいと思います。

まずは、お客様からのご発注に応じて必要な図面を作成していきます。一連の図面を設計し終わると、展開図面を作成していく流れに移ります。図面設計が終わると、展開図を参考にして金属板の加工を始めます。抜き加工が済むと後処理としてバリ取りが必要になります。続いて曲げ加工を行い、形を整えていきます。その上で、溶接加工を行い、しっかりと細かいパーツをつなげていきます。溶接加工により生じた製品は凸凹していることがありますので、仕上げにこれをなだらかに調整します。最後にすべてのパーツを組んで、問題なければ完成となります。

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせはこちらから