レーザー加工機でできること

金属を加工する方法にはさまざまな種類があります。今回は、レーザー加工機についてお話ししたいと思います。

レーザー加工というと、金属やガラスなどに文字を刻むことができるもの、墓石の彫刻、観光地のお土産屋さんで売っている3Dのガラス細工で使われている技術というイメージを思い浮かべる方も多いかもしれません。確かに、レーザー加工では、金属やガラス、アクリル板、プラスチック、革、紙、木、布、石などに刻印や彫刻を行うことができます。

最近は、家庭用のレーザー加工機も販売されていますし、文字だけでなく写真のデータをそのままレーザー彫刻で再現できるなど、幅広く活用されています。

では次に、精密機械に使われる各種パーツのレーザー加工についてみていきましょう。

精密板金ではレーザー加工器を活用するメリットは、切断加工や溶接加工、焼き入れ加工ができること、パーツを精密に早く製造できること、レーザーを用いて加工することでバリ取りの工程が減ることなどが挙げられます。

レーザー加工や精密板金、製缶板金など金属加工に関することでお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。多くの製品のご依頼も、少量でのご依頼でも、できるだけ早い納期をご希望の方にもワンストップサービスでの対応が可能です。

お問い合わせはこちらから