溶接作業でいつも気を付けていること

弊社では溶接の施工に関する業務を行っております。皆さんの中には溶接がどのようなものであるのかについて、よくわからないという方も少なくないのではないかと思います。それもそのはずで溶接はかなり専門的な技術を伴いますので、職人でも難しいと感じることは少なくありません。今回は溶接工が普段気を付けていることについてお伝えします。

実は溶接には数多くの危険を伴います。例えば、アーク溶接を行う際には、紫外線や赤外線が多く放出されてしまいますので、しっかりと保護をしないと炎症を起こしてしまいます。また、ヒュームが体内に入ってしまうとじん肺を引き起こしてしまうリスクがありますので、健康診断も欠かせません。そして、溶接をしている中で電流を取り扱うことがありますので、安易に手で触れてしまうと感電をしてしまう恐れもあります。

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせはこちらから