製缶加工の流れ

弊社では製缶加工に関する業務を行っております。本記事をご覧の皆さんの中には、これからどこか専門の業者に製缶加工をお願いしたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、製缶加工というものは複雑な業務ですので、どのような流れで行われているのかわかりにくいということもあるでしょう。

製缶加工の手順としては、まずは図面を作成することから始まります。また、図面をもとに材料を切断していって、金属板をレーザーカットしていきます。ここから製品に対して穴あけをしていき、いわゆる曲げ加工と呼ばれる作業を行います。続いて、アーク溶接やアルゴン溶接などで溶接をしていきます。そして、表面処理として耐熱性・耐食性・導電性などを施していきます。最後に製品が仕様通りに作られているのかをしっかりと検査をしていき、問題なければ納品となります。

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせはこちらから