お問い合わせから出荷までの流れを紹介!

株式会社 三波メタルワークスではレーザー加工のワンストップサービスを承っています。

三波メタルワークスのワンストップサービスとは、弊社の所有設備だけでは受注できない依頼でも、幅広いネットワークを利用することで金属加工のすべてがワンストップでご提供できるものです。

それでは、実際にお問い合わせから出荷までの流れはどのようになっているのでしょうか。

 

以下簡単流れを紹介したいと思います。

1、お問い合わせ

2、打ち合わせ

3、見積もり

4、受注

5、製造・検査

6、出荷

私たちは打ち合わせから出荷まで抜かりなく業務を行なっております。

 

製造・検査の場合に三波メタルワークスの所有設備で準備ができない品目があります。その際は、弊社のネットワークを駆使することで受注を受け付けるといった形態ですので安心してご依頼いただけます。

ワンストップサービスの最大のメリットは、工数の管理が1社だけで委託社にとって管理が簡単ということです。

6kwのレーザー加工機を保有し、近隣エリアでも抜群の生産能力を誇る三波メタルワークスは他社にはできない施工を実現する会社です。

 

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。
受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

レーザー加工のワンストップサービスについて解説!

株式会社三波メタルワークスではレーザー加工のワンストップサービスを承ります。

ワンストップサービスとは一般に、一連のサービスを一つの受付窓口(ワンストップ)で対応することですが、三波メタルワークスではどういったことを意味するのでしょうか。以下簡単に紹介したいと思います。

 

三波メタルワークスのワンストップサービスとは、弊社の所有設備だけでは受注できない依頼でも、幅広いネットワークを利用することで金属加工のすべてがワンストップでご提供できるものです。

お客様にお願いするのは設計図を作成し、送っていただくことだけと非常に簡素であります。

工程ごとに発注先が異なり、それぞれの進捗を管理したりするような煩わしさとは無縁というのがお客様にとって嬉しいことではないでしょうか。

弊社の広いネットワークを駆使しすることで、精密板金の加工や溶接等関連するすべてのサービスをワンストップで提供することが可能ということです。

 

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。
受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

レーザー加工にはどんなメリットがある?

レーザー加工において高い生産能力を誇る株式会社三波メタルワークスですが、そもそもレーザー加工とは何なのでしょうか。今回は、そのメリットを紹介していきます。

 

■メリット1:素材に与えるストレスが軽減可能

レーザー加工は必要箇所に熱光を当てて切断します。それ以外の箇所に

は熱が当たりにくいのです。そのため、切断部分以外にストレスがかかることを極力避けられるのです。

 

■メリット2:粉塵の清掃が不要

木材をノコギリで切断する場面を思い浮かべてください。切断後に周囲は木くずや粉塵などが出てくるため、その清掃作業は案外負担となるものです。レーザー加工では、そのような手間が不要となるため、大変便利なのです。

 

■メリット3:細やかな切断が可能

人間がやるのと違い、レーザー加工は全てコンピューターで行うため、とても細やかな要求が可能となります。細やかかつ正確な切断が可能となります。

6kwのレーザー加工機を保有し、近隣エリアでも抜群の生産能力を誇る三波メタルワークスです。弊社には今まで培ってきたたくさんの経験とスキルがあります。何かお困りの際には、ぜひお気軽に下記の問い合わせフォームにてお問い合わせをお願いします。

 

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。
受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

精密板金の特徴はどのようなものか

精密板金は金属加工の方法の一つですが、他の加工法と比べても非常に精密的な加工をすることができることで知られています。

今回は、精密板金にはどのような特徴があるのかについて、少しお話をさせて頂きたいと思います。

 

精密板金を取り扱うには、非常に高い技術が必要で確かなノウハウが必要ですが、完成品は本当に美しく、整った仕上がりになるものです。

精密板金の場合、製作開始から完成まで一貫して行うことが多いため、ワンストップ提供が可能となります。初期費用を抑え、短期で制作をすることができるのも特徴と言えるでしょう。これは、その他の板金では専用の型が必要なことから精密板金ならではの強みと言えます。

一方で、そもそも個数を多く作るという性質のものではありませんので、大量生産をしてしまうとコストが高くなってしまいます。

 

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。

受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

金属加工の溶接にはどのような種類があるか?

金属加工には様々な種類があります。中には非常に細かい技術が使われているものもあるのですが、今回はそんな中でも世の中で良く使用されていると考えられる溶接について、簡単にご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

まずは、レーザー溶接です。レーザー光線を利用して、また金属同士を接合する働きもあります。それから業界では有名なアーク溶接です。

アーク溶接は、溶融電極式と非溶融電極式に分かれます。簡単に申し上げますと、前者では良く工場などでみられる火花が飛び散るような溶接を行い、後者では電極棒を用いた上で溶加材を加えて行います。

また、抵抗溶接というものがあり、こちらは圧接による方法で、コストを大幅に抑え、大量生産をすることに長けています。

そして、伝統的な溶接方法であるろう付けがあります。例としては、奈良の大仏などに使用されました。

 

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら