精密板金加工はどのような流れで行われるのか?

弊社では精密板金加工を主要業務として多くのお客様よりご依頼を頂いております。この精密板金加工は完成までに多くのプロセスがありますので、今回は弊社の業務を少しでもご興味のある方に向けて、その流れについてご紹介をさせて頂きたいと思います。

まずは、お客様からのご発注に応じて必要な図面を作成していきます。一連の図面を設計し終わると、展開図面を作成していく流れに移ります。図面設計が終わると、展開図を参考にして金属板の加工を始めます。抜き加工が済むと後処理としてバリ取りが必要になります。続いて曲げ加工を行い、形を整えていきます。その上で、溶接加工を行い、しっかりと細かいパーツをつなげていきます。溶接加工により生じた製品は凸凹していることがありますので、仕上げにこれをなだらかに調整します。最後にすべてのパーツを組んで、問題なければ完成となります。

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

レーザー溶接の技術的展望

弊社ではレーザーを用いた溶接加工を得意としてサービスを提供させて頂いております。さて、このレーザー溶接についてですが、今後の技術的展望についてどのようなことが予想されるのか、少しお話をさせて頂きたいと思います。

レーザー溶接は、精密光学機器として付加価値の高い部品の製造のために利用されている技術です。この技術は非常に高精度な溶接を可能とするために、幅広い製品の溶接に関わっています。ところが、このレーザー溶接のデメリットとしてこれまで高いコストが問題視されてきました。しかしながら、近年ではこのデメリットを解消するために業界ではさらに新しい技術に目を向けられています。それがレーザー溶接とアーク溶接のハイブリッド型の技術であり、これが実用化されるようになれば、レーザー溶接の技術がさらに広まることが予想されます。

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

レーザー加工を行う上で注意をすべきこと

レーザー加工は、金属を加工する優れた手法であると知られていますが、その一方でいくつかの注意をすべきこともあります。今回は材質ごとにどのように気を付けるべきかについて、少しお話をさせて頂きたいと思います。

アルミニウムは金属加工に向いている材質であるということができるのですが、一方で過剰に反応が高いためにレーザー加工に弱いとされています。仮にレーザー加工ができるものであっても後処理が必要となります。続いて鉄の場合ですと、レーザー加工の場合、テーパー状の穴が生じうるために追加工をしなければいけないことになります。ステンレスの場合にも同様の理由により追加工があるのと、変形や反りが起こりやすいという特徴がみられます。銅の場合には、熱伝導率が高いので変形等が起こりやすいのですが、材質としても安価ではありませんので、対尾できる業者もそれほど多くはありません。

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

お問い合わせから出荷までの流れを紹介!

株式会社 三波メタルワークスではレーザー加工のワンストップサービスを承っています。

三波メタルワークスのワンストップサービスとは、弊社の所有設備だけでは受注できない依頼でも、幅広いネットワークを利用することで金属加工のすべてがワンストップでご提供できるものです。

それでは、実際にお問い合わせから出荷までの流れはどのようになっているのでしょうか。

 

以下簡単流れを紹介したいと思います。

1、お問い合わせ

2、打ち合わせ

3、見積もり

4、受注

5、製造・検査

6、出荷

私たちは打ち合わせから出荷まで抜かりなく業務を行なっております。

 

製造・検査の場合に三波メタルワークスの所有設備で準備ができない品目があります。その際は、弊社のネットワークを駆使することで受注を受け付けるといった形態ですので安心してご依頼いただけます。

ワンストップサービスの最大のメリットは、工数の管理が1社だけで委託社にとって管理が簡単ということです。

6kwのレーザー加工機を保有し、近隣エリアでも抜群の生産能力を誇る三波メタルワークスは他社にはできない施工を実現する会社です。

 

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。
受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

レーザー加工のワンストップサービスについて解説!

株式会社三波メタルワークスではレーザー加工のワンストップサービスを承ります。

ワンストップサービスとは一般に、一連のサービスを一つの受付窓口(ワンストップ)で対応することですが、三波メタルワークスではどういったことを意味するのでしょうか。以下簡単に紹介したいと思います。

 

三波メタルワークスのワンストップサービスとは、弊社の所有設備だけでは受注できない依頼でも、幅広いネットワークを利用することで金属加工のすべてがワンストップでご提供できるものです。

お客様にお願いするのは設計図を作成し、送っていただくことだけと非常に簡素であります。

工程ごとに発注先が異なり、それぞれの進捗を管理したりするような煩わしさとは無縁というのがお客様にとって嬉しいことではないでしょうか。

弊社の広いネットワークを駆使しすることで、精密板金の加工や溶接等関連するすべてのサービスをワンストップで提供することが可能ということです。

 

株式会社三波メタルワークスでは、レーザー加工・製缶・精密板金・表面処理など溶接を含め金属加工に関して幅広く取り扱っております。
受注から納品までワンストップサービスをが可能ですので、お客様の様々なニーズにお応えしております。どんなことでもお任せいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら